今日の竿頭も、さいとうさんでした

昨日の竿頭も、さいとうチームのさいとうさんだったので。同じ名字が続くのもめずらしいなぁということで、なんとなく^^

昨日の夕方おわって深夜からは、妙な潮に変わってしまったらしく、うずをまいているようにぐるぐるしていた、と。ちょっと想像ができないのですが、ん?洗濯機のよう??

魚が釣れて走られてみんなオマツリしてしまう、というイメージでしょうかね・・・とにかく潮が速くなって昨日の深夜引き続き、今日の夕方もちょっときびしい釣果となってしまいました。

 

竿頭は、さいとうさん45杯

次点ほさかさん30杯、3番手もりさん23杯と大サバ1。イカの大きさは、昨日よりほんの少しだけ大きいように感じたけれど、小ぶりなムギイカという枠からはまだ出ないかなぁといったサイズ。

 

深夜は、思い切っていつもと別の場所に行きました。さて釣果はどんなもんでしょうね・・・

夕方釣っていた場所は、サメが水深2メートルぐらいをうろうろ泳いでいて、隙あらばイカを狙おうと無言の圧力。

「見えるところにいたからつついてやりたいと思ったけど。憎らしいけどちょっと怖いよね」とお客さんが言っていました!

追っ払うのは大変そうです・・・・。素直に場所移動するしかないのかもしれない、なんかくやしいけれど^^;

 

 

これは、こむろさんのてじ仕掛けについていた水中ランプ。なんか怪しい色なのでネタに頂きました!ちょっと重たいので中錘代わりに使えちゃう水中ランプなのですが。

写真だと微妙にわかりづらいのですが、青と緑が一緒に点灯 していて、かもしだす雰囲気が夜の街っぽいぞ! と思っていたら。

「いやぁ、夜のかわいらしいおじょうさん を釣りに行くからね、こんなライトがいいかなぁと。」って言うんだもの・・・

うわぁお。イカをおじょうさんと言った人を初めて見たよ的にびっくりしましたよーという記念の写真でもあります、うん。

確かに、昨日のムギイカのサイズだと「かわいらしい」んだけどね。おじょうさん来たぁぁ!と脳内でちょっとわくわくしてしまいました(ものすごくどーでもいいねこれ)

しかし、ムギイカの水中ランプは白色が良いですよ。昔ながらの豆球とか。シンプルイズベストなのです、福将丸的には白色がおすすめです。

 

さぁ、明日(というか数時間後)には、にっくきサメを水族館で観てきます(いるのかな)

なんてことはない、保育園の遠足で水族館へ行くのです。酸素ボンベをガラガラ引きずりながらゲホゴホしつつチビを追いかけること3時間(自由時間が10~13時)なんて、いったい何の拷問なんだろなぁ。早起きして弁当2人分とか。あと3時間弱しか寝れないことに今気づいた・・・もう3時過ぎてた!時間が経つの早いなぁ。

でも、楽しみにしている遠足を休むのもなと。明日は体力の限界まで追いかけっこを頑張っちゃうと思うので、週末寝込んだらすいません><

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です